News

「梅雨だる」って知ってる❓

更新日:2021年06月01日 |未分類

「気象病」って聞いた事ありますか?

気候や天気の変化が原因でおこるカラダの不調の総称で、     頭痛やめまい、疲労感、身体の重ダルさ、関節痛、気持ちの落ち込み(うつ)、吐き気、喘息など、様々な症状が出るのが特徴です。

気象病は、気圧・気温・湿度など気象の大きな変化によって自律神経が乱れることが原因と考えられています。

特に梅雨の時期に入ると、1日の中でも気温の変化や、低気圧、高湿度の影響を受けて、

自律神経が乱れやすかったり、体内の水の巡りが滞ったりして、いわゆる【梅雨だる】という症状に悩まされやすくなりますよね!

梅雨だるの主な症状】

⭐︎頭痛やめまい、頭重感

⭐︎疲労感、倦怠感

⭐︎むくみ、全身の重だるさ

⭐︎首や肩の凝り

⭐︎関節痛や手足の痺れ(古傷が痛む事も)

⭐︎気持ちの落ち込み

⭐︎胃腸不調、食欲不振…などなど

★ 解消のポイントは、自律神経・血流・水滞を整えること☝️

〈セルフケア〉

・食事のバランス、睡眠、軽い運動 は、もちろん大事。

・暖かくなってきたからといって、身体を冷やさない

・水分代謝を促すカリウムなどの豊富な食材を摂る

・血流・水滞の巡りを良くする為に、軽い運動やお風呂に浸かる

・耳👂と耳周りのマッサージをしてみる

気象病には耳(特に内耳)が深く関係してると考えられていて、  内耳センサーの過剰な情報キャッチ(気圧など)や、血流の滞りに関係しているそう。

特に今はマスク生活で、皆んな知らず知らずのうちに耳周りが凝り固まっているのではないか…と思います。

🦻レッツ!セルフ耳マッサージ🦻

耳は様々な神経とつながった、かなりデリケートな器官なので、  強すぎず気持ちよいと感じる程度の力加減でおこないましょう。 

①耳の下から人差し指と中指で挟む様に手の平全体を耳の付け根に差し込む

②挟んだ手全体を使って、耳の付け根を後ろ周りに10回ゆっくりまわす

③耳を指で軽くつまみ、上・下・横に10秒ずつじわ〜と引っ張る

③耳を軽く引っ張りながら、ゆっくり10回まわす

④耳を折り畳んで10秒キープ

1日1回でも良いので、自分を労わるようにやってみてくださいね🤗

〈サロンケア〉

日頃のセルフケアでは行き届かないところ、プロの技術じゃないと出来ない事は、サロンでのケアで徹底的にトリートメントして貰いましょう!

パドマでは、お客様の体質や抱えている症状に合わせて、施術の内容や、使用する薬草オイルをカスタマイズしていくオーダーメイドコースが人気です!

やっぱり、他人にトリートメントして貰うのは、技術だけでなく、とーっても気持ち良くてリラックスできる至福のひと時ですよね。

身体や心はメンテナンス次第で変わるので、ご自身の体に向き合って大切にしていきたいものですね♪